お嬢様大学に通いながらキャッシング

お嬢様大学に通いながらキャッシング

いわゆるお嬢様大学に通っていました。ちなみに私はお嬢様ではありません。というよりむしろ超貧乏学生でした。
奨学金で入ったため貧乏でもなんとかなったのですが、周りの学生は見事にお嬢様ばかり。

 

そして仲良くなった女の子たちが筋金入りのお嬢様で、持っているものがブランド物だらけだったんです。
パパに買ってもらったの〜と笑顔で言っている友達を見て、ああ、生きている次元が違うんだなとなんだか妙に実感したのを覚えています。

 

しかし女子大だけあって女子の派閥に巻き込まれることを恐れていた私。貧乏だと知られればきっとハブかれるに違いありません。
そのため本当にお金にピンチになった時には即日キャッシングをしてお金を用意していました。

 

放課後にお嬢様たちに誘われて高いカフェでランチをしたり買い物をしたり、とにかく大変でしたよ。
しかもお嬢様ってアルバイトしないんですよね。パパからお小遣いをもらったり家賃も両親が出してくれたり、なんとも羨ましい環境です。

 

私はアルバイトをしていることは言っていましたが、貧乏だと知られたくないためキャッシングでお金を用意しておき、常に余裕があるように見せかけていました。
そんな大学の4年間はとにかく疲れました。でも精神的には鍛えられましたよ。

マンガで分かる!カードローン