借用すれば、返済があります。当たり前です。

借用すれば、返済があります。当たり前です。

キャッシングをする時は、まずは返すことを考えないといけません。
10万円を借り入れした時に、返す金額はいくらになるのか、ということをまず考えなければいけません。
毎月の返済額を1万円にすると、10ヶ月かかります。
しかし10ヶ月の返済では、利子がないことになりますので、おかしくなりますね。

 

だいたい1万円の返済額のうちの、2000円は利子ということになります。
借り入れの金額によって払う利子の金額も変わってきますので、額が増えるほど利子も増えるということを理解しなければいけません。

 

キャッシングする時に必要なものは、免許証だけです。
これだけあれば、個人情報なんてものは一発で分かってしまいます。

 

もし自分がブラックリストに載っているような人物ならば、この時点でキャッシングすることは出来ないでしょう。
ブラックリストは存在しますし、消費者金融では出回っているというのが実社会で起きました。

 

知らない電話番号からの電話や、借金返済の催促の電話なんかは、裏リストがあることを悟らせてくれます。

 

キャッシングは癖になることが怖いことなのです。
ささいなお金でも、複利を使うとお金が増え続けてくれます。
お金は借りるものではなく、貸す方でありたいですね

マンガで分かる!カードローン